Q&A

お問い合わせの多い項目について解答させていただきました。

Q1.
入会について教えてください
A1.
当会の会員は『認定マニュアルセラピスト』の資格を有する正会員とセミナー受講を希望される準会員がございます。
 
現在、正会員は日本ドイツ徒手医学会(DJAMM)元会員で『認定マニュアルセラピスト』の資格を有する方のみ受け付けさせていただいております。既に『認定マニュアルセラピスト』の資格を取得されており、当法人の目的(ドイツ徒手医学の普及及び発展に寄与すること)に賛同いただけることがお申し込みの条件となっています。正会員でのご登録はコチラよりお申し込みいただけます。
 
準会員でのご入会はセミナー受講予約時にあわせて登録していただきます。
 
Q2.
会費について教えてください
A2.
正会員、準会員ともに年会費は3,000円となっております。

ただし日本ドイツ徒手医学会(DJAMM)元会員の方は入会初年度の年会費は免除となり、次年度より年会費を徴収させて頂きます。(2014年8月31日まで)

 

Q3.
正会員になるとどのようなメリットがあるのですか?
A3.
正会員として入会していただくことで以下の特典がございます。
・テクニカルコース受講資格を有する。
 
・インストラクター候補資格を有する。
(ただし、医師・理学療法士・作業療法士に限る。)
 
Q4.
セミナーの再開時期について教えてください
A4.
セミナーは2012年5月より順次再開いたします。
具体的な日時は当ホームページの募集中のセミナーにてお知らせいたします。
 
Q5.
セミナーの受講について教えてください
A5.
再開されるセミナーは当法人の目的(ドイツ徒手医学の普及及び発展に寄与すること)に賛同いただける方で以下条件の何れかを満たす方に受講していただけます。
 
・医師
・理学療法士
・作業療法士

 
・DJAMM元会員で履行途中の方
(元DJAMM会員様の受講暦継承は2014年8月31日で終了しております。)

当会へのご登録がまだの場合、セミナー受講申込み予約完了をもって準会員として入会していただきます。募集中のセミナーへのお申し込みは当ホームページの募集中のセミナーより受け付けております。
 

Q6.
『認定マニュアルセラピスト』になる条件を教えてください
A6.
セミナー受講後、認定マニュアルセラピスト試験に合格する必要がございます。セミナー受講の流れは以下の通りとなります(順序を前後して受講することはできません)。
 
STEP1 BASICコース(筋骨格医学の基礎を学ぶ)
 
STEP2 L.B.B.Ⅰpart1
 
STEP3 L.B.B.Ⅰpart2
 
この間は3ケ月の臨床期間が必要です。
 
STEP4-A L.B.B.Ⅱpart1
STEP4-B L.B.B.Ⅱpart2 L.B.B.Ⅱpart1、L.B.B.Ⅱpart2はどちらからでも受講可能
 
この間は3ケ月の臨床期間が必要です。
 
STEP5 L.B.B.Ⅲ
 
この間は3ケ月の臨床期間が必要です。
 
STEP6 H.S.A.ⅠPart1
 
STEP7 H.S.A.Ⅰpart2
 
この間は3ケ月の臨床期間が必要です。
 
STEP8-A H.S.A.Ⅱpart1
STEP8-B H.S.A.Ⅱpart2 H.S.A.Ⅱpart1、H.S.A.Ⅱpart2はどちらからでも受講可能
 
この間は3ケ月の臨床期間が必要です。
 
STEP9 H.S.A.Ⅲ
 
(任意受講)認定マニュアルセラピスト試験対策コース
 
認定マニュアルセラピスト試験
 
日本ドイツ徒手医学会(DJAMM)元会員の受講歴は、全て「ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー」にそのまま継続して引き継がれることをドイツ本国と確認済となっております。したがって日本ドイツ徒手医学会(DJAMM)において受講済みの内容につきましては再度受講する必要はございません。任意で再受講は可能です。(本会に未入会の元DJAMM会員様の受講暦継承は2014年8月31日で終了しております。)
 
Q7.
セミナー受講費用について教えてください
A7.
各セミナーの受講費用は以下の通りです。
・1コース(2日間) 25、000円(再履行をご希望の場合12,500円)
・認定マニュアルセラピスト試験受験料 25、000円
・テクニカルコース:未定(決定次第ご報告させていただきます)
 
Q8.
セミナー受講時の資料を他で利用しても良いですか?
A8.
当法人が使用するセミナー資料の著作権はDGMSM-FACにあります。
当法人以外が営利目的にセミナー資料を使用する事を禁じます。
また当法人の会員が営利を目的としない勉強会等でセミナー資料を使用する場合も必ず事前に事務局へご報告ください
 
Q9.
DGMSM-JAPANからのメールが受信できない
A9.
当会からのメールが受信できない場合は以下をご確認ください。
①.お使いのメーラーの迷惑メールフォルダーに自動で入っている。
②.携帯メールの場合、PCからのメール受信が拒否設定になっている
③.ご利用のプロバイダーが「dgmsm-japan.or.jp」からのメールを受信拒否している。

以上の可能性がございます。上記理由でメール受信が出来ない場合は当会での対応はいたしかねます。お使いのプロバイダーまたはメール管理者に「dgmsm-japan.or.jp」の受信許可をご依頼ください。
また、何らかの迷惑メール対策サービスに加入している場合も「dgmsm-japan.or.jp」の受信許可設定をお願いします。