非会員向けセミナー「DGMSMコンセプトによる腰痛の評価と治療」(リモート)開催します。

非会員向けセミナー「DGMSMコンセプトによる腰痛の評価と治療」
 
 社団法人ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー(DGMSM-japan)は、当会会員向けに「DGMSM認定マニュアルセラピスト構成コース」を開催することで、世界標準的な徒手医学を広く普及し、日本の医療に貢献しようと活動しております。
 
 そして「会員でなくても徒手医学を勉強したい」という多くのご要望を受け、この度、非会員向けセミナー「DGMSMコンセプトによる腰痛の評価と治療」を開催すること致しました。
(正会員、準会員の方も受講可能です)
 
 このセミナーは、典型的な腰痛の症例に対して、問診・視診などの検査から、疼痛緩和処置、軟部組織テクニックや関節モビライゼーション、分節安定化治療からホームエクササイズに至るまで、DGMSMコンセプトに基づく検査・治療展開を余すところなくお伝えするものです。
 またこのセミナーはZOOMを使用したリモートセミナーになります。講義だけでなく、検査や治療技術のデモンストレーションが含まれ、ドイツ・ボッパルトのDGMSM本部において、2か月に渡る研修を修了、認定試験をクリアした日本人インストラクターが担当致します。
 ご自宅に居ながら世界標準的な筋骨格医学に触れる180分です。この機会を是非お見逃しなく。
 
〇 非会員向けセミナー「DGMSMコンセプトによる腰痛の評価と治療」
 
日時:令和2年11月14日(土)15:00~18:00
   令和2年11月15日(日)9:00~12:00
※両日、同内容となりますので、ご希望の日程にお申込み下さい
 
場所:ご自宅でのZOOM視聴となります
  (事前にZOOMアプリのダウンロードをお願い致します)
 
担当インスラクター:DGMSM-japan学術委員会
   相原忠洋(学術委員長、徒手理学療法認定理学療法士、国際シュロスセラピスト)
   植田英則(学術委員、東日本統括委員長、教育学修士、徒手理学療法認定理学療法士、国際マッケンジー協会認定セラピスト)
   奥田真規(学術委員)
 
対象:理学療法士、作業療法士、医師
 
受講料:5,000円(税込)
ご注意:1申し込みにつき1名の視聴参加をお願い致します。
 
お申込みはこちらから。
令和2年11月14日(土)15:00~18:00開催セミナー申し込みページ
令和2年11月15日(日) 9:00~12:00開催セミナー申し込みページ
※申し込みにはセミナー申し込みサイトへの登録が必要です。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

一般社団法人ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー

カテゴリー: お知らせ, セミナー, リモート   パーマリンク